肉離れは適切な治療が重要

肉離れは適切な治療が重要

肉離れの症状で最も恐いことは、その症状がクセになってしまうことです。激しい運動をしてしまい、肉離れを起こしたときには安静にしていれば治ると考えるでしょう。また、自分で治せると考え病院などで適切な治療を行わない人も多いはずです。しかし、正しい治療方法を実行しなければ、その症状がクセになり同じ部位にまた症状が現れることがあります。また、完治していない状態で運動を行うことで同じ症状を繰り返してしまう体質になることもあります。軽視して考えることはとても危険です。自分で安静にして治すだけではなく、自らの判断でアイシングなどを行うことも良くありません。どのような治療方法が適切なのかは、症状により異なる場合もありますので、症状が現れた場合はなるべき早めに医師に相談を行い、適切な治療方法を行ってもらうようにしましょう。

肉離れは適正な治療を医師にお願いすることが重要

肉離れを起こしたときに、無理に冷やすことは避けるようにしましょう。筋肉の痛みは、一見すぐに冷やした方が良いと考えてしまうかもしれませんが、アイシングを行ってしまうことで治り事体を遅らせてしまうことがあります。さらに、アイシングを行うことで筋肉が適切な部分に戻らなくなり、最悪の場合痛みが慢性化してしまうことがあります。筋肉は、痛みの症状が現れた場合、その痛みを修復しようとする機能が働きます。シップなどを使用して痛みを緩和した場合、その修復自体をごまかしているだけに過ぎません。また、筋肉の収縮をしないようにする指令が神経に働き、正しい修復が行われないようになってしまいます。安静にしておくことは当然ですが、安静時も筋肉は自ら動き修復をしようとしますので、必ず自分で治療を行うのではなく医師に適正な治療を求めるようにするべきです。

肉離れの症状と治療方法

スポーツが好きな人なら肉離れということばを聞いたことがあるはずです。肉離れとは急に筋肉の収縮動作を行ったときに起こりやすい病気で、筋肉が部分的あるいは完全に断裂してしまう症状です。普段運動をしていない人が突然激しい運動をした時や、サッカーや野球などのスポーツ選手が練習や試合中に発症することがあります。日常生活を送ったり、軽くランニングをする程度では発症する可能性がたいへん低いと言えます。万が一肉離れになってしまった場合には、症状がこれ以上ひどくならないようにアイシングをして応急処置を行います。続いて温熱療法に切り替えます。まだ回復していないにも関わらず、スポーツを行うと再び発症してしまう可能性が高くなるため注意が必要です。また回復をサポートするサプリメントとして、グルタミンを摂取することをおすすめします。

スポーツ119を見れば、スポーツ障害の発生を抑えるための栄養素がわかります。 ダイエットでも注目されている「低GI食品」について詳しく解説しています。 寝ても疲れがとれない人におすすめ!口呼吸の改善法を掲載しています。 豊かなスポーツ人生を送るための情報ならスポーツ119へ! 痛み止めのロキソニンと筋肉痛の関係をコラムで紹介中。 肉離れなどスポーツ障害の予防法を紹介「スポーツ119」